G20要人宿泊ホテルに大型じゅうたん納入 オリエンタルカーペット

2019/6/27 19:24
保存
共有
印刷
その他

オリエンタルカーペット(山形県山辺町)はリーガロイヤルホテル(大阪市)に大型じゅうたんを納入した。28日から始まる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で要人の宿泊先となる同ホテルのロビーに設置。渡辺博明社長は「半年という厳しい納期だったが、職人の頑張りでG20に間に合った」としている。

オリエンタルカーペットが納入した大型絨毯(大阪市のリーガロイヤルホテル)

山形から職人が出張して設置したリーガロイヤルホテルのロビー(大阪市)

モミジなどをデザインした「万葉の錦」は、23.65メートル×19.50メートルの大きさで全14色。同ホテルにはこれまで5回納入していたが、12年前に他社製に代わった。今回、再び発注を受け、かつての柄に現代的なデザインを取り入れた。

同社は高級ホテルや豪華寝台列車などに納入実績のある大型じゅうたんの糸づくりから設置まで一貫して手掛ける。今回も6月上旬の設置工事に山形から職人が出張し、他の業者を含め総勢30人で作業したという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]