2019年8月21日(水)

日本映画の貴重な映像をWEB公開 明治の日本映す

文化往来
2019/6/27 19:22
保存
共有
印刷
その他

映画の保存や研究などを行う国立映画アーカイブ(東京・中央)は27日、国立情報学研究所と共同でウェブサイト「映像でみる明治の日本」を開設し、明治時代に撮影された日本映画草創期の貴重なコレクションの公開を始めた。

「日本橋」(日本大学芸術学部映画学科所蔵)

「日本橋」(日本大学芸術学部映画学科所蔵)

九代目市川団十郎と五代目尾上菊五郎の歌舞伎を記録し、現存する最古の日本映画である「紅葉狩」(1899年、重要文化財)や、人気力士たちの取り組みを映した「大相撲の活動写真」(1900年)など5作品を動画で公開した。

また、最近発見された「最古の日本映画」のフィルムのコマ4点を静止画で紹介。日本で初めて映画撮影に成功した浅野四郎が1897~99年ごろに東京・日本橋のにぎわいを撮影した「日本橋」=写真=などで、戦前の映画雑誌に画像が掲載されたものの、長く所在不明になっていた。

日本映画技術協会(現日本映画テレビ技術協会)の事務局長だった故島崎清彦氏が以前に保管し、現在は日本大学芸術学部映画学科が所蔵する資料に含まれていた。

国立映画アーカイブの入江良郎主任研究員は「日本映画のルーツに迫る発掘で、ウェブ公開によって広く共有できる。今年の日本映画生誕120年の節目をアピールしたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。