/

この記事は会員限定です

北海道の3農協 信用事業を道信連に譲渡 不良債権を解消

[有料会員限定]

北海道のしずない(新ひだか町)、新冠町、ひだか東(浦河町)の3農業協同組合は2020年1月、融資や貯金を扱う信用事業を北海道信用農業協同組合連合会(道信連)に譲渡する。全国で相次いでいるが、北海道では初めて。大規模農家の多い北海道の農家は収支が比較的安定していたためで、信用金庫をはじめ金融機関との競争が本格化しそうだ。

日高地域の3農協はそれぞれ総会を開き、道信連への譲渡を決めた。最大の目的は積み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン