最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

株主提案への賛成票膨らむ JR九州で4割超えも

2019/6/27 20:30
保存
共有
印刷
その他

定時株主総会で諮られた株主提案への賛成票が膨らんでいる。27日にJR九州が発表した臨時報告書によると取締役3人の選任を求めた株主提案は否決されたが、うち2人の選任案の賛成率が4割を上回った。関西電力も取締役報酬に関する株主提案への賛成率が4割に達しており、企業を取り巻く経営監視の目は一段と強まっている。

JR九州には21日の総会で大株主の米投資ファンド、ファーツリー・パートナーズが役員選任案や計720億円を上限とする自社株買い、指名委員会等設置会社への移行など6つを提案。全て否決または不成立だったが、自社株買いと指名委等設置会社移行の議案でも賛成率は34%台だった。

関西電は21日の総会で原子力発電に反対する株主団体らによる計21の提案を諮ったところ、取締役報酬の個別開示を求めた提案への賛成率が43%だった。また不動産投資などを手掛けるマーチャント・バンカーズの27日の総会では株主のアートポートインベストから提出された取締役選任の修正案が可決された。原案の候補者5人のうち1人を入れ替えることを求める内容だった。

一方で会社案への反対は膨らんだ。役員選任案については、25日に総会を開いたコムシードで塚原謙次社長など取締役4人への賛成率が53%と薄氷の可決となった。凸版印刷は取締役16人の選任案を可決したが金子真吾氏が75%だった。自己資本利益率(ROE)の低迷などが問題視された。

不祥事への風当たりも強い。免震・制振装置の検査データ改ざん問題が発覚したKYBは中島康輔会長への賛成率が74%だ。問題発覚を受け引責辞任した中島氏が会長にとどまることへの不満が大きい。

他の議案では、26日に総会を開いたワールドで賞与支給に関する議案への賛成率が64%にとどまった。直前の21日に取締役の賞与支給に関する議案の文言を修正。修正前議案に対して事前投票した株主もいたが、同社は専門家の助言に基づき、事前の賛成票は修正議案に「反対」とする措置を取り、こうした影響が出た。JFEホールディングスでは買収防衛策に関する議案の賛成率が65%だった。

株主は不祥事や業績悪化はもちろん、企業統治を巡り少しでも不透明な事象があれば反発するようになっており、総会に挑む企業の緊張感がより高まっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム