/

この記事は会員限定です

北海道の3国立大が学生キャンプ、22年統合へ始動

[有料会員限定]

小樽商科大、帯広畜産大、北見工業大の3国立大が2022年度に予定する運営法人統合に向け、動き始めた。管理部門の一元化や教育人材の共有だけでなく、100キロメートル以上も離れた距離などハードルは多い。3大学はこの春、独自のプログラムを駆使した学生同士の交流に着手した。

「初めまして、よろしくお願いします」。5月下旬、3大学の1年生55人が美瑛町の「国立大雪青少年交流の家」に集まった。ほとんどが初対面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン