米朝対話に「口出すな」 北朝鮮、韓国を批判

2019/6/27 18:47
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、北朝鮮外務省の米国担当局長の談話を伝え、非核化をめぐる米朝対話について「当事者は文字通り我々と米国だ。韓国当局が口を挟む問題ではない」と主張した。「米国と話し合うことがあれば以前からある連絡チャンネルを使えばよく、交渉も米朝が直接向き合うので韓国と通じることは絶対ない」と強調し、韓国を突き放した。

北朝鮮の金正恩委員長=共同

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、聯合ニュースなどとの書面インタビューで北朝鮮問題に関し「南北間でも多様なルートで対話がされている」と説明した。米朝対話の仲介に改めて意欲を示した。しかし、北朝鮮は談話で「韓国が今も南北間に多様な交流や水面下の対話があるよう宣伝しているが、そんなものはどこにもない」と批判した。

韓国には、米朝協議を再開させて非核化を実現するためには、北朝鮮が米国より先に行動に出るのが望ましいとの声がある。26日の文氏も同様の趣旨の発言をしたが、談話はこれに反発した可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]