/

この記事は会員限定です

[社説]株主の声に企業は統治の質向上で応えよ

[有料会員限定]

多くの企業に緊張が走った株主総会シーズンとして、ことしの6月は歴史に刻まれるのではないか。経営側の出した議案が広く株主の反対に直面したのである。統治の質の向上と収益の成長を求める株主の声を、企業はしっかりと受け止めるべきだ。

株主と経営陣が真剣に向き合う総会は望ましい。中長期的に企業価値を高めるための対話を深め、ときに株主が厳しくノーと言ってこそ、経営に規律をもたらす。

ことしの株主総会の特徴のひ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン