/

この記事は会員限定です

[社説]すぐ出せ年金財政の検証結果

[有料会員限定]

人間ドックを受けても結果が知らされなければ意味はない。厚生労働省は年金財政の検証結果を今すぐに示すべきである。

2004年の年金改革法は、厚生年金などについて超長期の財政状況を5年に1度、検証するよう政府に求めている。現役会社員の賃金水準に対する高齢夫婦世帯への給付水準を示す所得代替率が、50%を保てるかどうかを将来の受給者にも示すのがねらいだ。

これが、厚労省が年金の健康診断と呼ぶ財政検証であ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン