令和の太陽光発電、「売る」から「使う」へ
買い取り制度終了 自家消費に追い風も

2019/6/29 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太陽光・風力発電事業者の起こした電気を、電力会社があらかじめ決めた価格で買い取る固定価格買い取り制度(FIT)が終了する。余剰電力買い取り制度の対象だった住宅用太陽光発電設備も11月以降、順次買い取り期間を終える。令和時代の太陽光発電は「売る」から「使う」に賢くシフトできるかが問われる。

【関連記事】太陽光普及に「価格の崖」 売電価格が電気代を下回る

買い取り期間を終えた家庭用の太陽光発電設備を「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]