水処理設備の稼働状況、AIで見える化 大阪のスタートアップ

2019/6/27 18:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工場向けシステム開発のスタートアップ、AIエンジニアリング(大阪市)は7月上旬から水処理装置の稼働状況をリアルタイムで監視するシステムの本格提供を始める。設備に取り付けたセンサーと人工知能(AI)を活用し、メンテナンスのタイミングなどを通知する。人手不足の解消に貢献するとして食品工場などに売り込む。

水処理設備の稼働状況をAIで分析する。フ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]