/

この記事は会員限定です

ふるさと納税、地域課題解決に 殺処分ゼロや医師確保

[有料会員限定]

不足する医師の確保、犬猫の殺処分ゼロ、桜の保護――。地域が抱えるさまざまな課題を解決するため、ふるさと納税による寄付金を生かす市町村の動きが中部地方で広がっている。社会的な意義を強調し、協力を得るのが狙いだ。過熱した返礼品合戦の抑制に国が乗り出すなか、お礼の品物に頼らない形が定着するのか注目される。

「医師の負担が限界を超え、患者の受け入れを制限せざるを得ない状況です」。三重県いなべ市は、ふるさと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン