プレーバック

フォローする

白人社会と先住民つなぐ「金」 2000年シドニー五輪

2019/6/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

2000年シドニー五輪の陸上女子400メートル決勝、シーズン世界最高(当時)タイムでゴールに飛び込んだ勝者は精根尽き果てたようにへたり込んだ。そのアスリートの名はキャシー・フリーマン。

シドニー五輪の女子400メートルで優勝し、オーストラリアとアボリジニの旗を手に、観客の声援にこたえるフリーマン=ロイター

シドニー五輪の女子400メートルで優勝し、オーストラリアとアボリジニの旗を手に、観客の声援にこたえるフリーマン=ロイター

オーストラリアの先住民アボリジニ出身の27歳の女性の双肩に大会の成否がかかっていた。白人社会と、差別されてきた先住民とをつなぐ国民統合の象徴として、開会式では豪州が誇る歴代女性金メダリストたちから聖火を受け取り、現役選手にもかかわらず最終点火者となったフリーマンが首尾よく金メダルを獲得できるのかと。

11万2000人超の大観衆が見守るなか、フリーマンは豪州旗とアボリジニの旗を渡されて立ち上がる。国旗以外を持ったウイニングランは基本ご法度だが、国際オリンピック委員会のサマランチ会長は「五輪は多文化主義を支持する」と、事前に助け舟を出していた。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

バルセロナ五輪・競泳、女子200メートル平泳ぎで優勝した岩崎恭子の力泳=1992年7月27日、バルナト・ピコルネル・プール本社

 「今まで生きてきた中で一番幸せです」。1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ決勝。レース終了後に取材エリアに現れた少女は、どこか夢見心地のまま笑顔で喜びを語った。中学2年生、当時14歳 …続き (9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]