/

この記事は会員限定です

CO2と水素でメタン合成で 「脱炭素」燃料の旗手に

NextTech2030

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

太陽光発電などの再生可能エネルギーの余剰電力から都市ガスと同じ成分のメタンを作るメタネーション技術の研究が加速している。IHIはメタネーション技術の試験装置を開発して実証運転を開始する。気候変動問題の高まりを受け、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を有効利用することで「脱炭素」社会に貢献できるという狙いがあるからだ。2030年以降の脱炭素社会に向けて開発競争が激化しそうだ。

メタネーションは、C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン