/

横浜銀、東工大とマッチング会 産学で知財連携促す

横浜銀行と東京工業大学は27日、取引先企業と大学発の知的財産の連携を目指す「マッチング会」を同大学で開いた。東工大の発明など産業界で応用できる新技術を紹介し、地域企業と研究者との相談会などを実施した。地域のものづくり産業やサービス業などでの産学連携、新技術の事業化を後押しする。

マッチング会では光を使った無線給電システムや、製造業などを対象にした不整地を自在に走行できる車輪機構など、東工大による8種類の新技術を紹介。参加した企業は大学との連携の可能性などについて議論した。

横浜銀と東工大は3月に地域活性化や課題解決に向けた包括連携協定を締結し、人材交流などを始めた。横浜銀の大矢恭好頭取は「銀行のソリューション能力や機能を充実させ、顧客の課題を解決することが重要だ」と強調。大学の研究シーズと企業の需要をつなぎ、取引先の企業価値向上につなげる重要性を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン