お笑いのスリムクラブ、謹慎処分 暴力団関係者の会合で営業

2019/6/27 13:36
保存
共有
印刷
その他

吉本興業は27日、お笑いコンビのスリムクラブも暴力団関係者の会合で営業したことが分かり、無期限謹慎処分にした。反社会勢力の会合での芸人の営業発覚が相次ぎ、同社は「あらゆる反社会的勢力との関係は一切有しておらず、今後も一切の関わりをもたないことを固く誓約・宣言いたします」とする「決意表明」を発表した。

スリムクラブの真栄田賢さん(左)と内間政成さん=共同

スリムクラブの真栄田賢さん(43)と内間政成さん(43)は約3年前、他社所属芸人を通じて飲食店オーナーの誕生日パーティーに参加したところ暴力団関係者が同席していたという。一定の金銭も受け取っていた。スリムクラブは共に沖縄県出身で2005年に結成。漫才コンテスト「M-1グランプリ」で10年と16年に決勝に進出した。

吉本興業では宮迫博之さん(49)ら芸人が、振り込め詐欺グループのパーティーに事務所を通さず参加したことが今月発覚。仲介をした芸人を契約解消、宮迫さんら芸人11人を謹慎処分にした。 朝日放送テレビ(大阪市)は、真栄田さんがレギュラー出演している「探偵!ナイトスクープ」の28日深夜の回は、再編集して放送することを決めた。

吉本興業は「決意表明」で「約6千人の所属タレントおよび約千人の社員のあらゆる行いについてはすべて当社の責任です。グループ全体でさらなるコンプライアンスの徹底に全力を尽くす覚悟です」としている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]