/

海自掃海艇と貨物船が衝突 けが人なし、瀬戸内海

27日午前0時ごろ、広島県尾道市の高根島の北東約1.5キロの瀬戸内海で、海上自衛隊の掃海艇「のとじま」(510トン、乗員41人)と旭洋海運(北九州市)が所有する貨物船「ジェイケイ3」(699トン、乗員5人)が衝突した。けが人はおらず、油の流出や沈没の危険はない。

貨物船と衝突し、損傷した海上自衛隊の掃海艇「のとじま」(27日午前5時30分ごろ、広島県尾道市高根島沖、尾道海上保安部提供)=共同

尾道海上保安部によると、のとじまの船体右後方と、貨物船の船首の左側が衝突した。のとじまは機雷に感知されないよう木材で造られている。のとじまは自力航行ができなくなり、海自が因島(広島県尾道市)にある民間造船場にえい航している。

のとじまは京都府舞鶴市にある第44掃海隊の所属。広島県呉市の海自呉基地に向けて航行中で、貨物船は北九州市から広島県福山市に向かっていた。荷物は積んでいなかった。

尾道海上保安部が事故の詳しい状況を調べる他、運輸安全委員会が船舶事故調査官3人を派遣する。当時、曇りで視界は良好、波も穏やかだった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン