ボーイング事故新型機「潜在リスク発覚」米航空当局

2019/6/27 7:00
保存
共有
印刷
その他

米航空当局はボーイング「737MAX」に「潜在的なリスクが発覚した」と発表した=AP

米航空当局はボーイング「737MAX」に「潜在的なリスクが発覚した」と発表した=AP

【ニューヨーク=中山修志】米連邦航空局(FAA)は26日、2度の墜落事故を起こした米ボーイングの新型機「737MAX」に「ボーイングが対応すべき潜在的なリスクが発覚した」と発表した。事故原因とされる機体制御ソフトとは別の危険性が見つかったとみられる。3月半ばから続く運航停止措置がさらに長びく可能性がある。

FAAの発表によると、新たなリスクは「最近になって見つかった」という。「潜在的なリスク」の具体的な内容は明らかにしていない。

ボーイングは自社の調査に基づいて同機の事故原因を自動制御システムのソフトウエアの誤作動だと判断。ソフトの修正とパイロットの訓練プログラムの見直しをFAAに申し入れている。

FAAは「修正ソフトの評価と訓練プログラムの開発を続けている」と現状を説明。一方、運航再開の見通しについては「決まった時間軸はなく、徹底的なプロセスに基づいて安全だと判断した場合にのみ、運航停止を解除する」と強調した。

米メディアや航空業界では、FAAが6月中にも737MAXの運航再開を認めるとの見方が出ていた。FAAの発表には、早期再開の観測を否定する意味もあると見られる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]