イラン、ウラン貯蔵量の規定量超過へ 米国を揺さぶり

2019/6/26 23:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】トランプ米政権との対立が深まるイランが核合意の義務を徐々に停止し、米国を揺さぶる構えを見せている。トランプ大統領が2018年5月に核合意から一方的に離脱を表明した後も義務を守り続けたが、国内に貯蔵する低濃縮ウランの量は27日にも合意の規定を上回る。核合意が崩壊に向かえば、中東各国の核開発ドミノにつながりかねない。

イランの最高指導者ハメネイ師は26日、米国の圧力について「イラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]