2019年8月26日(月)

各国要人への影響懸念 台風、27日に近畿最接近か

2019/6/26 21:23
保存
共有
印刷
その他

大阪管区気象台は26日、大阪で開かれるG20サミットの開催前日の27日夜に台風が近畿に最接近する恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。各国の要人はこの日、関西空港などに到着するため影響が懸念される。

沖縄の南を進む熱帯低気圧が発達を続け、27日朝までに令和初の台風になる見通し。昼から夜にかけて九州南部や四国、紀伊半島に接近・上陸する恐れがあり、気象庁は26日、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要だ。台風は28日にかけて東海や関東の太平洋沿岸に沿って進むとみられる。 同気象台によると、関空を含む大阪府の海上の風は27日は最大風速15メートル、最大瞬間風速25メートルと予想されている。高潮の危険性は低いとみられる。大阪府の24時間予想雨量は多いところで、27日午後6時までが70ミリ、28日午後6時までが100~150ミリ。

気象台は「南寄りの進路なら影響は小さいが、北寄りになるほど雨や風が強まる」としている。

松井一郎大阪市長は26日、記者団に「台風が来れば危機管理態勢は従来のルール通り。ひどい雨風になれば屋外のセレモニーは見直さざるをえない」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。