関税第4弾、米企業は「反対」 対中依存度は平均4割

トランプ政権
米中衝突
2019/6/26 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米政権は25日、中国からのほぼすべての輸入品に制裁関税の対象を広げる「第4弾」に関する公聴会を終えた。スマートフォンやノートパソコン、衣料品など対象品目では輸入総額に占める対中依存度が平均4割に達し、産業界からは「代替調達が困難」「値上げが避けられない」など反対意見が相次いだ。米通商代表部(USTR)は結果を踏まえて最終案を作成する方針だ。

「我々のサプライチェーン(供給網)は何十年も投…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]