首相、解散にフリーハンド 改憲の実現探る
同日選の見送り確定

2019/6/27 1:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通常国会が26日に閉幕し、参院選に合わせて衆院選をする同日選の見送りも確定した。安倍晋三首相の自民党総裁任期は2021年9月、衆院議員は同年10月までだ。残り2年余り、首相は解散のフリーハンドを握りながら宿願の憲法改正の実現を探る。

政府は26日の臨時閣議で「7月4日公示、21日投開票」との参院選の日程を決めた。5月以降に吹いた解散風により、野党は国会最終盤まで内閣不信任決議案を巡り迷走し、みせ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]