スルガ銀、「1兆円」覚悟の開示 過去の清算優先

スルガ銀問題
金融機関
2019/6/27 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

午前9時の開場前から株主が列を作った(26日、静岡県沼津市)

午前9時の開場前から株主が列を作った(26日、静岡県沼津市)

投資用不動産をめぐる不正融資問題で揺れたスルガ銀行は26日、定時株主総会を開いた。怒号が飛ぶなか、新たな経営体制が承認された。わずか2カ月前には、不正やその疑いのある融資が1兆円規模と判明。全てを開示する覚悟を固めた経営陣は、信用不安を懸念する金融庁と激論を交わしていた。

【関連記事】スルガ銀株主総会大荒れ 創業家との関係など質問集中

「株主をバカにするな」「聞こえない。黙れ」――。26日、午前10時。静岡県沼津市で開いた株主総会の冒頭、有国三知男社長は集まった500人超の株主に深く頭を下げた。一連の不正融資を謝罪したとみられるが、会場の激しいヤジにマイクの声はかき消された。

不正融資が表面化する直前の2018年1月に2500円を超えていた株価は足元で300円台に沈む。株主からは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]