/

この記事は会員限定です

トヨタのインド販売、「3位集団」脱却に3つの仕掛け

[有料会員限定]

トヨタ自動車がインドで攻勢をかける。現地の新車市場は440万台規模と中米日に次ぐ世界4位だが、トヨタのシェアは3%(15万台)どまり。スズキが首位を独走し、現地のタタ自動車などが2位集団を形成するなか、3位集団のトヨタはまずは20万台乗せが課題になる。

調査機関によると、世界の自動車販売のうち新興国は21年に約6割に達する見通し。トヨタの世界販売(18年)に占める新興国の比率は約4割。インドやロシア、ブラジルではシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン