/

さいたま市、プラごみ減へ 貸し浄水器会社と協定

さいたま市は26日、浄水器のレンタル事業などを手掛けるウォータースタンド(同市)とプラスチックゴミ削減を推進する協定を結んだ。市役所本庁舎などに同社が提供する水道直結式のウォーターサーバーを設置する。海洋プラスチックによる海洋汚染が広がっていることを受け、プラごみの削減を強化する。

7月中旬から、市役所や各区役所の食事用スペースなどに合計30台ほど設置する。市民の給水所としても活用してもらう。ペットボトルの使用を10%削減することを目標に、削減率を検証する。

さいたま市では、「マイボトル・マイバッグ運動」として、ペットボトルやレジ袋を使わない取り組みを呼びかけている。マイボトル運動を推進するにあたり、市民や職員の給水所を設置することにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン