/

この記事は会員限定です

「老後に2900万円不足」 経産省も別の試算

[有料会員限定]

経済産業省が4月に開いた産業構造審議会(経産相の諮問機関)の部会で、高齢夫婦が老後に必要とする資金が2895万円不足するとの試算を出していたことがわかった。審議会の資料の一部として公表しているが、最終的な報告書には盛り込まれなかった。

試算は2018年時点で65歳の夫婦世帯を想定。老後の期間が30年ある場合、生活費が1億763万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン