/

この記事は会員限定です

オリンパス「物言う株主」出身取締役、賛成率8割どまり

[有料会員限定]

3月期企業の株主総会で取締役選任をめぐる反対票がふくらんでいる。26日公表の臨時報告書によると、オリンパスが25日に開いた総会では「物言う株主」とされる米投資ファンド出身者への賛成比率が83.6%にとどまった。大和ハウス工業の樋口武男会長への賛成比率は80.8%だった。取締役の独立性や会社の不祥事に対する株主の目が厳しくなっている。

オリンパスは米バリューアクト・キャピタル役員のロバート・ヘイル氏を社外取締役に選ぶ議案を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン