6月の免許返納、過去最多の6千人 警視庁

2019/6/26 17:59
保存
共有
印刷
その他

東京都内で6月に運転免許証を返納した人が約6千人に上り、1カ月あたりで過去最多を更新したことが26日、警視庁への取材で分かった。多くが高齢者とみられる。東京・池袋や福岡市などで相次いだ高齢ドライバーによる死亡事故などが影響した可能性がある。

警視庁によると、6月の返納者は25日までで5994人に上った。これまでの最多は5月の5759人だった。4月に発生した12人が死傷した池袋の事故以降、返納者が急増。6月4日に福岡市で81歳男性が多重事故を起こし男性と同乗の妻が死亡するなど、その後も事故が相次いでいた。

返納時は身分証として使える「運転経歴証明書」が発行される。証明書を持つ高齢者を対象に割引サービスを設けている商業施設もある。同庁担当者は「運転に少しでも不安があれば返納を検討してほしい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]