/

この記事は会員限定です

KDDI系、複数のカメラで同一人物を追跡 防犯や見守りに活用

[有料会員限定]

KDDI傘下のデータ分析会社、アライズアナリティクス(東京・渋谷)は、複数のカメラで同一人物を検知して追跡できるシステムを開発した。顔の画像を事前に登録しなくても人工知能(AI)が、顔や服装の特徴などを判別して追跡できる。防犯以外にも店舗での客の動線の解析や介護施設の見守りなどで利用を見込み、2019年度内の実用化を目指す。

防犯カメラなどの映像で人を追跡する技術はあったが、従来は事前に顔の画像を登録する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン