2019年8月20日(火)

WHO、「ゲーム障害」を病気認定 実態明らかに

2019/6/27 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界保健機関(WHO)が5月、オンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障が出る「ゲーム障害」を国際疾病分類(ICD)に基づく病気として正式に認定した。患者は増えているとみられるが治療態勢は不十分だ。これを機に正確な実態が明らかになると期待される。医療界、ゲーム業界などが協力して防止策を講じる必要がある。

ICDは各国が病気や健康状態を報告する際の「国際標準」となるものだ。病気の分類、定義が共…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。