/

千家和也氏が死去 作詞家

千家 和也氏(せんけ・かずや、本名=村越英文=むらこし・ひでふみ、作詞家)6月13日、食道がんのため死去、73歳。告別式は近親者で行った。

1972年、奥村チヨさんの「終着駅」で日本レコード大賞作詩賞を受賞。「ひと夏の経験」など山口百恵さんの楽曲を多く手掛けた。ほかに麻丘めぐみさんの「わたしの彼は左きき」、キャンディーズの「年下の男の子」などのヒット作も作詞した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン