脱プラ、中小が知恵袋 地場産業から着想も
プラごみに挑む(中)

2019/6/27 7:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「世界的な人口増で脱プラスチックの潮流が起こると思っていた」。環境・エネルギー向け材料を開発するGSアライアンス(兵庫県川西市)の森良平社長は、同社の生分解性プラスチック「ナノサクラ」の引き合いに目を細める。5月に業界認定を取得。機内食用のフォークなどでの使用を想定する航空会社などから問い合わせが相次ぐ。

生分解性プラは土に返りやすく、従来のプラスチックに替わる有力な素材と目される。同社の製品は…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]