ソロモン首相「中国に調査団」 台湾・豪州揺さぶり
年内に外交方針決定

2019/6/26 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ホニアラ(ソロモン諸島)=松本史】南太平洋の島しょ国、ソロモン諸島のソガバレ首相は、中国からの経済支援の可能性やリスクについて調べる調査団を「北京に派遣する」と明らかにした。ソロモンは台湾と国交を結ぶが「(維持か、断交して中国と国交を樹立するか)どちらもありうる」と述べた。南太平洋は米国と中国の覇権争いの最前線になっているだけに、同国の判断への関心が高まりそうだ。

26日までに日本経済新聞の取…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]