2019年8月20日(火)

政府法案の成立率95%、法案絞り高水準 全会一致が4割超

2019/6/27 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

26日に閉幕した第198通常国会では政府が提出した新規法案(閣法)の成立率は95%となり、2018年通常国会の92%を上回った。成立した政府提出法案のうち43%が全会一致で可決されており、18年より8ポイント高い。7月の参院選を控え、政府・与党が対決法案の提出を絞り込んだほか、国会運営で安全運転に徹したことが大きい。

政府・与党は1月28日に召集した今国会の会期を延長せず、150日間で閉幕した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。