今やM&A巧者 リクルート社長の野望
リクルート 遺伝子への挑戦者(5)

リクルート 遺伝子への挑戦者
2019/6/23 2:04 (2019/6/28 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

創業、リクルート事件からの再起に続く「第3の創業」ともいえる事業構造の転換を指揮してきたリクルートホールディングス社長の峰岸真澄(55)。株式を上場、グローバル展開の布石を打った今、その遺伝子をどう生かし、どこへ向かおうとしているのか。

【前回記事】平均6年で退職 「元リク」が起こす化学反応

■海外M&A、投資家からダメ出し

「最近そんなことを言う人はいなくなりましたけどね」。社長就任8年目を迎えた峰岸にはいまも忘れられない苦い思い出が…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]