東芝、社外取8割の新体制発足 株主総会を開催

2019/6/26 15:13
保存
共有
印刷
その他

東芝は26日、東京都内で定時株主総会を開いた。取締役会の8割を社外取締役が占め、うち4人を外国人とする役員人事を承認・可決した。2015年以降、不正会計や原発事業の巨額損失などに苦しんだ東芝だが、損失リスクを生むおそれのある事業は一掃した。M&A(合併・買収)や企業の再構築のプロが集まる新体制のもと、稼ぎ頭を一段と育成する段階を迎えている。

東芝の新たな取締役会は12人で構成される。社内の取締役…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]