日本サッカー世界への挑戦

フォローする

サッカー代表、3大会で成果 東京五輪へ競争激化
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2019/6/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

エクアドルに勝ちきることができず、日本代表のコパアメリカ(南米選手権)はグループリーグ敗退で終わった。しかし今大会に参加した若い代表チームは、試合ごとに成長と進化の跡を見せ、最終的には、優勝候補筆頭のブラジルとの対戦を見たかったと心から思えるチームとなった。

「日本は組織立った強豪だった」

初戦のチリ戦で0-4の完敗を喫し、メディアだけでなく出場チームの監督たちからまで「日本は若手で参加するなど、南米選手権をばかにしている」と大批判を受けた。しかし、エクアドルのエルナン・ゴメス監督が「南米の人々が日本をないがしろにするようなことをしてすまなかった。日本はスピードがあり、非常に組織立った強豪チームだった」と話したように、最後はその積極果敢なサッカーが高く評価された。

チリ、ウルグアイ、エクアドルと対戦した3試合を振り返ってみると、大きな分岐点は、チリ戦の完敗から見事な立ち直りを見せたことにあったように思う。

ウルグアイ、エクアドル戦での計3失点はいずれも、ラフな放り込みによる相手の攻撃を断ち切れなかったからで、大きな課題として残った。しかしこの2試合でつくり出したチャンス、結果としての3つのゴールは、すべて日本の特徴や個々の強さを示した見事なものだった。だからこそ、この2試合を勝利につなげるために必要だった「決定力」が改めてクローズアップされることになったのだ。

さて、6月24日に南米選手権での活動が終わったことで、若手の男子代表の活動がひと区切りついた。

U-20W杯のメキシコ戦で2点目を決め、喜ぶ田川(右)。高いポテンシャルを持ったチームだった=ロイター

U-20W杯のメキシコ戦で2点目を決め、喜ぶ田川(右)。高いポテンシャルを持ったチームだった=ロイター

5月23日に始まったU-20ワールドカップ(ポーランド)では、強豪メキシコに3-0で勝つなど、攻撃面で高いクオリティーを示した。GK大迫敬介、MF安部裕葵、MF久保建英の3人が「南米選手権要員」に回されたことで懸念された戦力低下などを忘れさせ、「日本のU-20代表史上、最も高いポテンシャルをもったチーム」という評価さえあった。

それに続いたのが、6月1日からフランスで行われた「トゥーロン国際大会」に参加した「U-22日本代表」だ。といっても、この年代の中心選手はすべて南米選手権にもっていかれ、いわば「Bチーム」と言っていい陣容だった。そんなチームが圧倒的な攻撃力を見せ、視察した欧州のクラブ関係者を驚かせた。なかでもグループリーグでチリに6-1で勝った試合は圧巻だった。そしてこの大会で初めて決勝に進出。その決勝はブラジルと1-1で引き分けながらPK戦で敗れた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
オランダで国際親善試合を行った日本代表の活動再開は大成功だったといえる=ロイターロイター

 オランダのユトレヒトを舞台に、9日のカメルーン戦、13日のコートジボワール戦の2試合を戦ったサッカー日本代表の「活動再開」は大成功だったと思う。
 試合結果は1勝1分け。カメルーンと0-0で引き分けた …続き (10/15)

10月のアフリカ勢との親善試合では久保(左)が最大の注目となる=共同共同

 実質的に11カ月ぶりとなる活動。森保一監督率いるサッカーの日本代表は、10月9日にカメルーンと、そして13日にコートジボワールと親善試合を行う。場所はいずれもオランダのユトレヒト。無観客での開催とな …続き (10/3)

「オリンピック世代を含め30人近くの選手を呼んで意思疎通をはかりたい」と語る森保監督(15日)=共同共同

 「10月のFIFAインターナショナルウィンドウ(FIW)を利用して、サムライブルーはオランダで二つの国際試合を行うことになった」
 9月11日、日本サッカー協会の反町康治技術委員長は、協会公式サイト上 …続き (9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]