2019年7月16日(火)

米大統領報道官にグリシャム氏 メラニア夫人の側近

トランプ政権
北米
2019/6/26 4:15
保存
共有
印刷
その他

グリシャム氏は2016年の米大統領選のころからトランプ大統領を支えてきた(21日、ワシントン)=AP

グリシャム氏は2016年の米大統領選のころからトランプ大統領を支えてきた(21日、ワシントン)=AP

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領のファーストレディーのメラニア夫人は25日、大統領報道官にステファニー・グリシャム氏が就任すると明らかにした。グリシャム氏は2016年の大統領選でトランプ氏の選挙陣営に入り、現在はメラニア夫人の報道官を務めている。トランプ氏とメディアの対立が深まるなかで、定例記者会見を復活させて情報発信の機会を増やすか注目が集まる。

メラニア夫人はツイッターで「夫と私は政権や国のために働く人物として彼女が最良だと考えている」と強調した。CNNテレビによると、グリシャム氏はメラニア夫人の報道官を兼務し、ホワイトハウス全体の広報戦略を指揮する広報部長にも就く。28~29日に大阪で開く20カ国・地域首脳会議(G20サミット)にもトランプ氏に同行する予定だ。

グリシャム氏はトランプ夫妻に忠誠心が強いとされる。トランプ氏が17年2月に安倍晋三首相と昭恵夫人をフロリダ州の別荘に招待した際に政権内の調整役として働いていたグリシャム氏をメラニア夫人が評価して側近に抜てきしたという。

トランプ氏を支えてきたサンダース大統領報道官は6月末で退任する。トランプ氏の信頼が厚かった半面、ホワイトハウスでの記者会見をほとんど開かず内外のメディアから批判されていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。