メイ英首相の後任、7月24日に就任へ
ジョンソン氏かハント氏か

2019/6/26 4:09
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=中島裕介】英国の与党・保守党は25日、メイ首相の後任となる新党首を選ぶ党首選の決選投票の結果を7月23日に発表すると明らかにした。ロイター通信によると、メイ首相の報道官は「新首相は翌24日の午後に就任する見通しだ」と語った。欧州連合(EU)からの合意なき離脱も辞さないジョンソン前外相か、EUとの関係を重視した離脱を目指すハント外相のどちらかが首相の座に着く。

7月24日にジョンソン前外相(右)か、ハント外相が新首相に就任する見通しだ=AP

10人の議員が立候補した保守党の党首選では、20日までに議員投票を5回繰り返し、ジョンソン氏とハント氏の2人まで候補者を絞った。決選投票では英各地16万人の党員による郵便投票で決着をつける。投票用紙は7月6~8日に配布され、22日に投票を締め切る。

党首選は3月末の予定通りにEU離脱を実現できなかったメイ首相の引責辞任の表明がきっかけなだけに、EUからの早期離脱を強く訴えるジョンソン氏が優位に立っている。ハント氏は今後、英各地で行われる演説会などで巻き返しを図る。英国では原則、下院の最大与党の党首が首相に就く。このため党首選の間に保守党から大量の離党者が出るなどよほどの不測の事態がない限り、党首選の勝者が首相に就任する見通しだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]