最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

M&Aニュース

フォローする

三菱重工、ボンバルディア小型機事業を買収 590億円

2019/6/25 21:44
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業は25日、カナダの航空機大手ボンバルディアから小型機「CRJ」事業を買収することで合意したと発表した。5億5千万ドル(約590億円)で事業を取得し、2億ドルの債務も引き受ける。ボンバルは民間旅客機事業から撤退し、ビジネスジェットや鉄道事業に経営資源を集中する。

三菱重工はボンバルのCRJ事業の保守や顧客サポート、販売、型式証明などを継承する。米国とカナダの4カ所のサービス拠点も引き継ぐ。三菱重工が傘下の三菱航空機で開発し、2020年半ばの納入を目指す90席クラスの「スペースジェット(旧MRJ)」の拠点として使う。

三菱航空機の70席クラス「スペースジェットM100」のイメージ

三菱航空機の70席クラス「スペースジェットM100」のイメージ

三菱航空機は米法規制に対応した70席クラスの新機体「スペースジェットM100」の開発概要も明らかにしている。CRJは100席以下の航空機市場で3~4割のシェアを握る。三菱重工は自社で拠点を整備するより、既存顧客との接点をもつCRJの拠点を活用した方が利点が大きいと判断した。

買収は米当局などの承認を経て、20年上半期に完了する見通しだ。両社の交渉の焦点だったCRJの機体製造はボンバルに残り、部品供給などを継続する。機体製造は20年後半に終える見通し。

CRJはボンバルディアの主力小型機だ。客席数は50~100席、運航機数は約1200。同社は100~150席の小型機「Cシリーズ」の開発負担増などを背景に経営不振となり、同事業を欧州エアバスとの合弁会社に切り替え、同事業は事実上エアバス傘下となった。

小型機市場をめぐっては競争が激化している。格安航空会社(LCC)の増加などで需要が増す一方で、開発負担が増加しており、ブラジルのエンブラエルの小型機事業は事実上米ボーイング傘下に入る。

三菱重工はボンバルの小型機事業の取得により、今後はボーイング・エンブラエル連合と競合することになる。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム