2019年7月21日(日)

中国、大豆2割増産迷走 補助金撤回に農家は不信感
貿易戦争、米国産輸入7割減

米中衝突
貿易摩擦
中国・台湾
2019/6/25 21:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【大連=渡辺伸】2020年をめどに大豆の生産量を18年比で2割増やす中国の計画が迷走している。主要調達先である米国からの輸入が追加関税で7割減っているのを補おうとしているが、政府は転作を促す補助金の支給予定を一部地域で撤回。農家は不信を募らせ、ただでさえ収益性の低い大豆になびかない。貿易戦争が迫る輸入依存緩和の道のりは険しい。

「新開発した大豆なら米国との貿易戦争に負けない」。中国の大豆生産の約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。