/

この記事は会員限定です

不正会計リスク発見 瞬時に 人手不足解消にも一役

会計の未来 AIが変える監査(上)

[有料会員限定]

企業会計を取り巻く状況が大きく変わっている。監査法人が会計監査で重視した項目の監査報告書への記載が2020年3月期から企業に早期適用される。海外では四大監査法人グループの寡占が問題視され、解体論も浮上する。監査の現場では企業の不正リスクを瞬時にあぶり出す人工知能(AI)監査も使われ始めた。資本市場のインフラである会計の未来を探る。

「営業チーム以外が売上高の過大計上に関わっている兆候はある?」「イ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン