陸上イージスの調査ミス、秋田の「適地」でも
配備時期、一段と不透明に

2019/6/25 20:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡る防衛省調査にミスが相次いでいる。岩屋毅防衛相は25日、配備に「適地」と判断した陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)のデータに2カ所の誤りが見つかったとして陳謝した。受け入れ候補地の秋田、山口両県は態度を硬化させており、配備時期は一段と見通せなくなった。

調査ミスがあったのは、イージス・アショアが発する電波が同演習場周辺にどう影響を及ぼすか調べた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]