/

この記事は会員限定です

中国式監視vs若者の知恵 香港デモ、サイバー領域でも

[有料会員限定]

中国本土への容疑者引き渡しを可能とする「逃亡犯条例」を巡る香港の大規模デモが収まる兆しを見せない。若者たちは当局の監視を避けるためSNS(交流サイト)を匿名で駆使し、地下鉄でもICカードの使用を避けるなどデジタル領域に痕跡を残さないよう懸命だ。中国式のデジタル監視システムと香港の若者との知恵比べの様相も呈している。

スマホの位置情報オフ、痕跡消去

「落ち着いて。攻撃してはいけない」「360度監視...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン