/

この記事は会員限定です

日本薬科大、留学手厚くマレーシアの大学と職員交流も

[有料会員限定]

日本薬科大学(埼玉県伊奈町)は留学生の受け入れや送り出しの体制を強化する。第1弾としてマレーシアの大学と協定を結び、事務職員を相互派遣する。薬科大は2020年度に国際交流の専門組織を設置する方針で、その足がかりとする。今夏には韓国の大学のサマープログラムにも協力する。大学の国際色を強め、学生の確保や意識向上につなげる。

マレーシア北部ペナン島に拠点を置くマレーシア科学大学と17日に学術交流協定を結...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン