/

この記事は会員限定です

紙製ストロー、最大手が商品化 まず1000万本生産

[有料会員限定]

三井松島ホールディングス(HD)傘下の日本ストロー(東京・品川)は紙製ストローを2019年秋にも商品化する。熊本工場(熊本市)で接着剤の臭いや価格を抑えた新製品を開発した。20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で海洋に流出するプラスチックごみの削減が議題に上がるなど需要が高まっているため、まず国内シェアの4割に相当する年1000万本を生産する。

日本ストローは年間60億本のストローを生産する大手で、紙製を大量生産す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1289文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン