/

この記事は会員限定です

長野県内信金、実質業務純益4信金で増加 19年3月期

[有料会員限定]

長野県内の6信用金庫の2019年3月期の決算が25日、出そろった。本業のもうけを示す実質業務純益は4信金が前の期を上回った。ただ、実質業務純益が増えた信金も経費削減で貸出金利息の減少を補うケースが目立った。日銀のマイナス金利政策に加え、米中貿易摩擦による景況感の悪化が新たな懸念材料になり、金融機関にとって厳しい経営環境が続いている。

実質業務純益はアルプス中央信用金庫(伊那市)が7%増の2億8600円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン