/

この記事は会員限定です

ユニコーン育成へ200億円基金 みずほ、上場直前企業が対象

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループ(FG)は26日、日本でのユニコーン(企業評価額が10億ドルを上回る未上場企業)育成に向け、総額200億円のファンドを立ち上げる。新興企業の経営支援を手がけるシニフィアン(東京・港)と共同で運営する。上場後に業績が伸び悩む企業は多い。上場直前の企業に投資し、経営に深く関わるハンズオン型で成長を促す。

みずほFG傘下のみずほキャピタルとシニフィアンが運営者として計1億円を出資し、みずほ銀行が「LP(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン