食と観光のプロ育て 奈良の大学校、スペインと交流へ
ウエーブ奈良

2019/6/26 7:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

奈良県が設立し、食文化による観光誘致の担い手を育成する「なら食と農の魅力創造国際大学校(NAFIC)」(桜井市)が、スペインの食に関する高等教育機関との提携を準備している。食をテーマにした観光は「ガストロノミーツーリズム」と呼ばれ、世界的に関心が高まる。国際的に評価が高い機関と協定を結び、人材の呼び込みと育成を加速する考えだ。

提携先として検討しているのは「美食の町」として有名なサンセバスチャン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]