GSユアサ、HV用電池の新生産棟 EVも重視のパナと一線

2019/6/26 6:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ジーエス・ユアサコーポレーションはハイブリッド車(HV)用リチウムイオン電池の新生産棟を設ける。最大300億円を投じ、ホンダとの共同出資会社のブルーエナジー(京都府福知山市)の工場内を最有力候補に検討中だ。電気自動車(EV)用にも積極投資するパナソニックなど巨大メーカーとは一線を画し、競合の少ないHV用に活路を求める。

ブルーエナジーはジーエス・ユアサが51%、ホンダが49%出資する。現状はホン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]