2019年8月22日(木)

海底ケーブル切断の脅威 データ通信支える命綱
客員論説委員 土屋 大洋

中外時評
2019/6/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いうまでもなく日本は島国である。隣国との間の海の大きさを考えれば、国際通信は海底ケーブルを通るか、人工衛星を介するしかない。日本の場合、実に99%が海底ケーブルを通るといわれている。

海底ケーブルが同軸ケーブルから光ファイバーケーブルへと変化したのは1980年代のことである。国際電信電話(KDD)の新納康彦氏らが海底に沈めるケーブルの中に光ファイバーを入れる方法を実用化。太平洋間の通信は劇的に容…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。